宇都宮市の小児歯科ならやまうち歯科クリニックまで、子供の矯正、予防歯科、定期健診

歯並び

歯並び

歯並びを奇麗にすることは、歯並びの不正を治し、単に見た目を良くするだけの治療とどまりません。
歯並び・噛み合わせが悪く、咀嚼がうまくいかなかったり、虫歯や歯周病になりやすかった歯を健康にします。
やまうち歯科クリニックでは、お子様の口腔内の状態やご要望に合わせて、
5つの矯正歯科治療を行っております。
こちらのページで、各矯正治療の説明を致しますので、ご覧になってください。

① 床矯正 ・あごを拡げて並べる歯を抜かない矯正治療

あごを拡げて歯を並べる『保存』の立場に基づく非抜歯矯正です。
この方法は、歯牙を固定源にするのではなく、入れ歯を固定源にすることで、歯を動かしたり、顎を拡大する装置です。
装置は可撤式ですから、歯ブラシ、食事中など必要な時はご自身で取り外し可能です。

 

② SH療法 ・寝ている時に装置をつけ人に知られずに矯正治療

SH療法とは?

寝ている時装置を入れて、人に知られずに治せます。
周りの人も気づかず、いつの間にか治っている・・・このような療法です。

  • 顎関節症(あごの病気)の改善
  • 睡眠時呼吸症の予防、改善と治療の可能性
  • 虫歯・歯周病の予防
  • 肩こり、鼻づまり、頭痛、発音障害改善
  • 歯並びが悪いための心理的影響改善・・・など

SH療法は取り外し式矯正装置を使い、歯の並んでいる土台である、顎を広げて歯の並ぶスペースを作る療法です。
歯並び改善にとどまらず、本来のお口の持っている機能を改善でき、全身的な機能の改善にもつながることがわかってきました。

 

SH療法症例

 

③ マルチファミリー ・寝ている時に装置をつけるマウスピースの矯正治療

5歳以上のお子さんに使用することが可能な筋機能矯正装置です。
口腔内の筋肉の緊張を緩和し、歯列を適切に調整します。

 

マルチファミリー症例

 

④ Complete System

口呼吸、舌突出し、不正な嚥下、その他の筋機能癖のような軟組織障害は不正咬合、顔面の発育不全、後戻りの原因になります。

治療の前、中、後における癖の矯正を行います。
癖の矯正は顔貌と歯列を改善します。

 

⑤ マウスピース矯正 

~ こどものためのマウスピースタイプ ~
お子様の歯列矯正並びに口腔の健全な育成のために開発された取り外し式の歯科矯正装置です。
装着は原則として夜間のみであり、装置自体は小さく、痛み等もありません。
従来の矯正装置では、痛みや装置の大きさ、不自由さなどから全身の健やかな成長に悪影響を及ぼす様々なストレスを与える事が懸念されていましたが、
口腔や歯列・噛み合わせだけではなく、全身の 健全な成長に寄与するために開発されました。

 

MFT(口腔筋機能療法)とは?

口腔筋機能療法筋機能療法は、舌や口唇および顔面の筋肉など、口のまわりの筋肉 を強くして、バランスを良くし、正しく機能させるためのプログラムで、MFT (ORAL MYOFUNCTIONAL THERAPY:口腔筋機能療法)と呼ばれています。
不正咬合の原因でもある舌癖や、口腔習癖の改善、口呼吸によるドライマウス(口腔乾燥症)を改善などを目的に、様々なプログラムがあります。
また、MFTでお顔の筋肉を鍛えることで表情も変化し、フェイスラインをスッキリ引き締める効果もあるといわれています。

 

トレーニングの目的

舌の筋肉の力を強くする。
くちびるやほほ、口のまわりの筋肉に力をつける。
正しい飲み込み方を覚える。
トレーニングで覚えた舌の位置やくちびるの状態を保ち、日常の生活のなかで、正しい飲み込み方を習慣にする。
(担当の歯科衛生士が指導します。)